インテルがサーバ市場シェアを奪還、AMDはノートPC向けで出荷伸ばす--第3四半期調査

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月31日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mercury Researchが発表した第3四半期の調査結果によると、IntelとAdvanced Micro Devices(AMD)はそれぞれ得意分野が入れ替わったものの、出荷数は一部の人が当初恐れていたほど悪くはなかったという。

 IntelがノートPC市場を独占する一方で、AMDがサーバ市場のシェアを伸ばすというのが、ここ数四半期間の傾向だった。しかし、Mercury ResearchのアナリストDean McCarron氏によると、第3四半期は流れが変わり、Intelがサーバプロセッサ市場でシェアを取り戻し、AMDはノートPC向けプロセッサの出荷数を急速な勢いで伸ばしたという。

 第3四半期におけるIntelの出荷数シェアは、x86命令セットを使用するデスクトップ、ノートPC、サーバ向けプロセッサ全体の76.1%を占めた。一方のAMDは同じ市場で23.3%のシェアを獲得した。前年同期はIntelが80.7%、AMDが17.7%のシェアを有していたことから、AMDが従来の勢いでシェアを伸ばしたことが分かる。Mercury Researchでは、システムに搭載されたプロセッサの数ではなく、流通チャネルに出荷されたチップの数をもとに調査結果をまとめている。

 IntelとAMDの出荷数は第2四半期は低調だったが、第3四半期の出荷数は一部で予想されていたほど悪くなかったと、McCarron氏は述べる。もっとも、プロセッサの販売単価は大幅に下落している。McCarron氏は、下落幅は第2四半期ほどではないものの、依然として大きかったと述べたが、詳しい数字は明かしていない。

 McCarron氏によると、Intelでは6月に「Xeon 5100」サーバプロセッサを発表したことが追い風となり、第3四半期のサーバプロセッサ出荷数がAMDを上回ったという。Opteronを擁するAMDはここ数年間、その処理能力の優位性から、着実にIntelのシェアを奪ってきたが、Xeon 5100の登場によって再び状況が変わりつつある。

 AMDも依然としてサーバプロセッサの出荷数を好調なペースで伸ばしている。だが、Intelのサーバ製品に対する抑えられていた需要が顕在化したことや、Intelが大胆な価格攻勢を仕掛けたことが要因となり、Intelの方がAMDより出荷数を伸ばしたと、McCarron氏はいう。x86サーバプロセッサの出荷数の大半を占めるデュアルプロセッササーバ市場において特に著しい伸びが見られたと同氏は述べる。ただし同氏は、サーバ市場における両社のシェアについて、詳細な数字を明らかにしていない。

 ノートPC向けプロセッサの市場では、AMDが出荷数を2006年第2四半期より50%伸ばしている。理由として、ノートPCの方が製造工程が長いことを、McCarron氏は挙げている。一般的にノートPCの方がデスクトップPCより組み立てに時間がかかるため、メーカーは第4四半期に出荷するノートPC用のプロセッサを第3四半期のうちに確保する。また、サーバやデスクトップにおいてAMDチップを採用したDellが、年末商戦でAMD製品を搭載したノートPCを発売するための準備を進めていると見られており、これがAMDの出荷数増加に貢献したと思われる。

 AMDでノートPC向けプロセッサの出荷数が急増していることの影響を受け、台湾ではAMDプロセッサの不足が報告されている。AMDは現在、製造技術をより効率の良いものに完全移行させる前に、プロセッサの出荷数が増加するという状況に陥っている。

 一方、デスクトップ向けプロセッサの市場では両社ともこれまでのシェアを維持した。Intelは、グラフィックス機能を搭載した、「Core 2 Duo」対応のチップセットを第3四半期後半まで出荷できず、シェア拡大の機会を逸したと、McCarron氏は述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]