編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Plala、「Winny」を遮断する企業向けサービスを開始

CNET Japan Staff

2006-11-02 03:00

 ぷららネットワークス(Plala)は10月31日、企業の社員個人が契約するぷららBフレッツ対応接続サービスにおいて、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」による通信を遮断するサービス「ネットワークパートナーシップ」の提供を同日から開始すると発表した。

 同サービスを利用すると、社員の家庭のPCなどからWinnyによる通信を介して企業情報が漏えいするリスクを回避できる。

 企業は、Plalaと「ネットワークパートナーシップ契約」を結ぶことで、その企業に属し、かつWinnyによる通信の遮断に同意して利用登録を行った社員(パートナーシップメンバー)に向けてWinny遮断サービスが提供される。

 社員へのインセンティブとして、企業が社員向けに割引を設定することもできる。割引率は契約企業が0〜100%の間で設定でき、割引相当額をパートナーシップ料金として負担する。対象となる個人向けBフレッツ対応接続サービスは、「ぷらら光パック with フレッツ」。

 1000人未満の企業の場合、サービス価格は月額4万円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]