編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

シスコ、メトロイーサネット市場向けチップメーカーGreenfield Networksを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-11-14 11:41

 Cisco Systemsは米国時間11月13日、イーサネット製品の拡充を目的に、Greenfield Networksを買収すると発表した。

 カリフォルニア州サニーベールに本拠を置き、60名の従業員を抱える株式非公開企業Greenfieldは、イーサネットパケットの効率的な処理を実現するチップを開発し、いわゆるメトロイーサネット市場に提供している。通信事業者は同社の技術を用いて、MAN(Metropolitan-Area Network)内に存在する多数の企業ネットワーク同士を接続し、企業がみずからのネットワーク上でVoIPやデータを利用できるようにしている。

 Ciscoのイーサネットおよび無線技術部門担当シニアバイスプレジデントKathy Hill氏は、「Greenfield Networksの技術をCiscoのメトロイーサネットスイッチに統合することで、当社がパートナーシップを結んでいるサービスプロバイダーに、新たなキャリア向け機能を短期間のうちに提供できるようになるだろう」と、声明の中で述べた。

 Greenfieldは2000年に設立された企業で、インドのバンガロールにも支社を持っている。買収は、2007年1月末に終了するCiscoの現会計四半期中に完了する見込みで、完了次第、Greenfieldの製品ポートフォリオおよび社員はHill氏の傘下に入ることになる。同契約の金額面における詳細は、明らかになっていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]