システム・テクノロジー・アイ、学習管理システムのSaaS型提供を開始

柴田克己(編集部) 2006年11月15日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム・テクノロジー・アイは11月15日、同社の提供する学習管理システムのラインアップを刷新し、「iStudy OnDemand」のブランド名でSaaS型のサービス提供を行うと発表した。サービスは同日より開始されている。

 iStudyシリーズでは主にITスキルに関するものを中心とした468タイトルの学習コンテンツと受講者の受講履歴やスキル診断結果などの管理システムを企業向けに提供している。従来、インハウスでの導入が可能な、イントラネットサーバソフトウェアの「iStudy Enterprise Server」(iES)に加え、学習管理システムをASP型で提供する「iStudy Enterprise License」、iESのホスティングサービスである「iESホスティング・エディション」が提供されていたが、今回、iStudy Enterprise LicenceとiESホスティング・エディションの両サービスを「iStudy OnDemand」として統合する。

 iStudy OnDemandには、4種のエディションが用意されている。大規模向けで、導入企業による独自の学習コンテンツの作成や独自URLの利用が可能な「Enterprise Edition」、部門レベルでの利用に適し、スキル診断機能やブログやWikiといった情報共有のためのツールが搭載された「Workgroup Edition」、基本料金が無料でエントリーの位置づけとなる「Professional Edition」、同じく基本料金が無料で個人での利用も可能な「Standard Edition」で、ユーザー規模や必要な機能によって選択が可能だ。いずれも学習コンテンツは「ユニット」と呼ばれる単位での利用が可能となっている。

 iStudy OnDemandの利用価格(税別)は、Enterprise Editionが、初期費用30万円、利用料金が1ユーザーあたり3900円(ユーザー数により変動、iStudy全コンテンツの利用料金が含まれる)。Workgroup Editionが、基本料金10万円(100ユーザー以下。101名以上1000名以下の場合20万円)、コンテンツ利用料金は100ユニット13万円より。Professional Editionが基本料金無料、100ユニット13万円より。Standard Editionが、基本料金無料でコンテンツ価格のみで利用できる。

 同社では、iStudy Enterprise Licenseの既存ユーザー企業約270社にiStudy OnDemandへの移行パスを提供するほか、初年度で100社の新規顧客獲得を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化