編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

システム・テクノロジー・アイ、学習管理システムのSaaS型提供を開始

柴田克己(編集部)

2006-11-15 16:52

 システム・テクノロジー・アイは11月15日、同社の提供する学習管理システムのラインアップを刷新し、「iStudy OnDemand」のブランド名でSaaS型のサービス提供を行うと発表した。サービスは同日より開始されている。

 iStudyシリーズでは主にITスキルに関するものを中心とした468タイトルの学習コンテンツと受講者の受講履歴やスキル診断結果などの管理システムを企業向けに提供している。従来、インハウスでの導入が可能な、イントラネットサーバソフトウェアの「iStudy Enterprise Server」(iES)に加え、学習管理システムをASP型で提供する「iStudy Enterprise License」、iESのホスティングサービスである「iESホスティング・エディション」が提供されていたが、今回、iStudy Enterprise LicenceとiESホスティング・エディションの両サービスを「iStudy OnDemand」として統合する。

 iStudy OnDemandには、4種のエディションが用意されている。大規模向けで、導入企業による独自の学習コンテンツの作成や独自URLの利用が可能な「Enterprise Edition」、部門レベルでの利用に適し、スキル診断機能やブログやWikiといった情報共有のためのツールが搭載された「Workgroup Edition」、基本料金が無料でエントリーの位置づけとなる「Professional Edition」、同じく基本料金が無料で個人での利用も可能な「Standard Edition」で、ユーザー規模や必要な機能によって選択が可能だ。いずれも学習コンテンツは「ユニット」と呼ばれる単位での利用が可能となっている。

 iStudy OnDemandの利用価格(税別)は、Enterprise Editionが、初期費用30万円、利用料金が1ユーザーあたり3900円(ユーザー数により変動、iStudy全コンテンツの利用料金が含まれる)。Workgroup Editionが、基本料金10万円(100ユーザー以下。101名以上1000名以下の場合20万円)、コンテンツ利用料金は100ユニット13万円より。Professional Editionが基本料金無料、100ユニット13万円より。Standard Editionが、基本料金無料でコンテンツ価格のみで利用できる。

 同社では、iStudy Enterprise Licenseの既存ユーザー企業約270社にiStudy OnDemandへの移行パスを提供するほか、初年度で100社の新規顧客獲得を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]