編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

T-SS、高知県庁でIPN技術搭載の高セキュリティ無線LAN製品の実証実験を開始

CNET Japan Staff

2006-12-12 20:34

 トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は12月11日、高知県情報推進課、高知工科大学と共同で、高知県庁において、T-SSが開発した無線LANアクセスポイント「IPN-W100AP」と無線LAN PCカード「IPN-W100CB」を使った実証実験を開始したと発表した。

 高知県では、これまで県庁ネットワークを有線LANで運用してきた。今回の実験は、高知工科大学の開発成果を利用したT-SSの「IPN-W100AP/CB」による利便性と安全性を検証するために実施される。IPN-W100AP/CBは、T-SSの独自技術である「IPN」を無線LANに初めて搭載した製品。

 IPNは、高知工科大学教授の清水明宏氏の考案によるワンタイムパスワード相互認証方式「SAS-2」(Simple And Secure password authentication protocol, ver. 2)と、業界標準の暗号化方式AESを組み合わせてプロトコルとして実装しており、なりすましを不可能にするなど高いセキュリティ機能を実現しているという。また、法人向け無線LANに適した機能を備え、既存LAN環境との親和性の高さも特長となっている。

 実証実験の結果は、高知工科大学とT-SSに対してフィードバックされ、今後の製品開発に生かされる。また、自治体における無線LAN導入ソリューションの例として公開される予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]