マイクロソフトCEOのバルマー氏、Vista後を語る(後編) - (page 2)

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年12月20日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、誤解していただきたくないのは、インターネットでは半年で大きなイノベーションが起こることはないということです。Googleは最近まで検索エンジンを変えませんでした。何年もの間、インデックス数を変えようとはしませんでした。それには理由があります。Googleにとって、それは失敗の許されない核心的な部分だからです。小さい変化を加えれば、検索結果の適合性が高まる可能性もありますが、思わぬ形で適合性が損なわれる可能性もあるのです。

 このように、自分が依存しているものに関しては、変更の頻度はやや減少する傾向があります。

--質問の切り口を変えてみましょう。Windows Liveを利用すれば、機能をもっと柔軟に提供できるようになると思いますか。

 「Windows Live」ブランドの可能性と選択肢はもっと広い範囲に及んでいます。現在、われわれはWindows、Windows Update、Windows Liveなどを提供していますが、これらはどれもPCに求められている基本的な経験を提供しています。

--Windows Mobileについてお伺いします。あなたは以前、モバイルのライセンス数や出荷台数はいずれデスクトップのライセンス数を抜くだろうと予言されました。この点について、もう少し詳しく教えていただけますか。

 現在のPC市場の規模が2億台程度だとして、今後数年間で年14%から15%のペースで急成長するとします。これは大変な数字です。成長を牽引するのは中国市場です。2、3年後には出荷台数は4億台を突破するかもしれません。携帯電話の年間出荷台数はすでに10億台に達し、全体に占める「スマートデバイス」の割合も劇的に伸びています。

 スマートデバイス市場には、それほど多くのプレーヤーはいません。Nokia/Symbian、それからわれわれくらいです。思い切った言い方をすれば、この領域ではこの2社が突出しており、その他の企業はどちらかと言うとニッチプレーヤーです。Palmもそうですし、(Research In Motionの)「BlackBerry」もそうです。Motorolaが提供しているLinuxデバイスも、主に中国で提供されているという点でニッチプレーヤーに近い商品です。

 スマートデバイスと一般的なデバイスの中間に位置するものもあります--J2MEを使った電話はそのひとつです。しかし、本物のスマートデバイスに関して言えば、幅広い地域の前線で活躍し、シェアの大半を獲得しているのはこの2社だけではないでしょうか。当社のスマートデバイスの売り上げがBlackBerryをどのくらい上回っているかを伝えると、驚かれることがよくあります。米国ではBlackBerryの人気が高いので、多くの人がBlackBerryは世界中で普及していると考えているのです。しかし実際には、当社はさまざまな面でBlackBerryよりも多くのスマートデバイスを販売しています。ええ、世界全体で見ればということです。

--Appleがスマートフォンを開発したらどうなるでしょうか。それは時間の問題でしょう。そうなった場合、市場のバランスはどう変わると思いますか。

 Appleのビジネスモデルは当社やNokiaよりも、TreoやBlackBerryによく似たものとなるでしょう。NokiaはSymbianに出資していますから、2つの利益を同時に得ているとも言えます。いずれにせよ、この業界に新しいプレーヤーが創造的なアイデアを持ち込む可能性のない場所などありません。Appleの出方を見守るつもりです。

--「iPod」の人気がAppleに「ハロー(後光)効果」をもたらしていると言われています。いつかはZuneのハロー効果がVistaに及ぶことを期待していますか。

 ええ、もちろんです。今はまだハロー効果が起きているとは言えませんが、いずれは起こらなければなりませんし、起こるはずです。しかし、まずは市場でZuneの地位を確立しなければなりません。初期のプロポジションはすばらしいと思いますし、市場の反応にも満足しています。しかし、思い違いをするつもりはありません。すでに多くのシェアを獲得している企業があり、われわれは後を追う立場です。ブームを起こしたのはiPodであり、われわれは彼らの牙城を切り崩さなければなりません。

--これまでのところ、Zuneに対する反応には満足していますか。

 これまでのところは満足です。しかし、今はまだ初期の段階です。

--サーバについてお伺いします。Longhorn Serverは計画通り、2007年に出荷されるのでしょうか。

 Longhorn Serverについては、新しいニュースはありません。この製品も多くのイノベーションをもたらすでしょう。1年前にVisual StudiosとSQL Serverがもたらしたイノベーションの波は、ある意味では主に開発者を対象としたものでした。それに対して、VistaとOffice がもたらすイノベーションの波はエンドユーザーと企業を対象としています。そしてLonghorn Serverとそれに付随するものがもたらすイノベーションの波は、何よりもITとデータセンターに影響を及ぼすでしょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]