編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

セキュリティ研究者ら、2007年1月に「Month of Apple Bugs」実施へ

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-12-20 11:25

 The Washington PostのBrian Krebs氏の報道によると、11月に「Month of Kernel Bugs」プロジェクトを実施したメンバーらが、1月にApple Computerの製品に関連した脆弱性を集中的に公開する「Month of Apple Bugs」を実施する計画だという。

 Krebs氏が伝えたところによると、Kevin Finisterre氏と「LMH」と名乗る人物の2人の研究者が、1月に「Mac OS X」と同OS用のアプリケーションに存在する脆弱性を毎日指摘していく計画だという。記事によると、LMHが11月にMonth of Kernel Bugsプロジェクトを実施したときと同様、セキュリティコミュニティーの慣例には従わず、事前にAppleに脆弱性を知らせるつもりはないという。これらのセキュリティホールは、いずれも未公表のものばかりになるという。

 LMHは、11月のMonth of Kernel BugsプロジェクトでMac OS Xの複数の脆弱性を公表したが、このときはAppleだけを標的にしていたわけではなかった。Appleは、これらのバグに対応するセキュリティアップデートを11月末にリリースしている。

 Apple関係者からこの記事に関するコメントを得ることはできなかった。LMHにも電子メールでコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]