編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Amazonのホスティングサービス「S3」で障害

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-09 18:04

 Amazonのホスティングサービスで先週、技術的な障害が発生した。

 Amazonが提供するSimple Storage Service (S3)について、同サービスの掲示板では米国時間1月4日から問題点が指摘され始めた。S3は、Amazonがウェブサイトのオーナーとデータストレージ契約を結んで提供するサービス。同サービスの利用者らは、遅さとエラーメッセージについて不満を述べていた。

 Amazon Web Servicesビジネス部門関係者は7日、サービス低下について説明した。同関係者によると、サービス低下は既に解決され、アップグレード時に欠陥のあるハードウェアを導入したことが原因だという。

 同関係者は「Amazon S3チームは過去数週間、質量ともに急増する需要を満たすべく、大量のハードウェアを追加してきた。残念ながら、基準に満たないマシンが最近発注したハードウェアに含まれていた」と同掲示板に書いている。

 Amazon側の書き込みに対する利用者の反応は、説明があったことに満足していたようだった。しかし、同ストレージサービスは99.99%の時間利用が可能だと考えられているため、問題発生時にはサービスレベルの低下に対して不満述べられていた。

 ある利用者は「s3に乗り換えて、大量のファイルをサーバに引っ越している。このサービスには高い料金を支払っているし、安定性と信頼性がなければ困る。どこか他の場所にすべてのファイルを引っ越したいとは思わないが、信頼性が得られないならそうするしかないだろう」と問題解決前に述べている。

 今回の件は、サービスプロバイダからインターネット経由で提供されるホスティングサービスの問題点を示している。

 例えばSalesforce.comなどのアプリケーションプロバイダーは、ごく少数の極端な高負荷に苦慮している。同社では、パフォーマンス障害を利用者に通知するプログラムをセットアップしている。

 Amazonは、大規模なビジネスにしようという期待をもって、ウェブサービスを立ち上げているところだ。

 S3のサービスについて利用者が不満の声を挙げたのは、先週の問題が初めてではない。

 S3は、2006年12月にもパフォーマンス問題を経験している。この時は、1日で問題が解決されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]