編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソフトイーサ、リモートアクセスソフト「Desktop VPN」ベータ版公開

吉澤亨史

2007-01-18 18:57

 ソフトイーサはこのほど、現在開発中であるSSL-VPNソフト「PacketiX Desktop VPN」のベータ版を公開したと発表した。誰でも無償でダウンロード、使用できる。

 Desktop VPNは、デスクトップへのリモートアクセスに特化したSSL-VPNソフト。「シンクライアント」と「リモートアクセスVPN」の2種類のセキュリティ技術を融合させ、より安全かつ容易にネット経由のリモートアクセスを実現する。対応OSはWindows 98、98SE、Me、NT4.0、2000、XP、Server 2003、Vista。

 Desktop VPNはサーバ用とクライアント用がセットになっており、リモートアクセスしたいPCにあらかじめインストールしておき、遠隔地のPC上でDesktop VPNを起動することでインストールしたPCのデスクトップにアクセスできる。この際、インストールしたPCで設定した「コンピュータID」を入力する。

 Desktop VPNでの通信は、すべて自動的にHTTPSプロトコルとしてカプセル化されたSSL-VPNトンネルを確立し、そのトンネル内を通すことになる。これにより、リモートアクセスを安全かつ確実に実現している。通信内容はすべてSSLバージョン3によって暗号化され、ネット回線上の盗聴者より保護される。また、自宅や企業のLANなどに設置されているNATやプロキシサーバなどを経由しても、リモートデスクトップ通信を行うことが可能だ。

 ソフトイーサでは、ベータ版公開後も引き続き研究開発を進めるとともに、ベータ版の利用ユーザーからのフィードバックなどを元にさらに改良を進め、後に新しいベータ版を公開する方針。なお、Desktop VPNのビジネス化についてはまったく未定であり、当面の間は技術的な研究開発に専念するとしている。

利用例 Desktop VPNによる通信利用例

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]