編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

NEC、エプソングループに事業継続基盤を提供--サーバ800台を320台に統合

CNET Japan Staff

2007-02-01 23:01

 NECは1月31日、セイコーエプソンとエプソングループ全社のITガバナンスを強化するプロジェクトを共同で推進し、同グループの事業継続(Business Continuity:BC)基盤を強化したと発表した。

 今回の取り組みで、NECは「プラットフォーム最適化ソリューション」を提供。エプソングループの業務サーバ約2200台の統合を推進し、すでに約800台のサーバを320台に統合したシステムが本格稼動している。

 エプソンは、2007年3月までには統合対象のサーバを約1000台まで絞り込み、これらを約400台に統合する計画だ。なお、統合されたサーバはNECのデータセンターに設置され、ハードウェアとOS資産、運用管理を実施する「プラットフォームマネージドサービス」をNECが提供している。

 エプソンは、IT基盤の可視化・ITILに基づいた運用の標準化・サービスレベルの策定・システム導入計画の一元管理などを実現し、グループ企業全体のITガバナンスを強化する。

 またエプソンは今回の活動をもとに、今回のプロジェクトの成果であるITガバナンス体制と削減したコストを活用して、2009年3月期(2008年4月開始の会計年度)からの施行が予定されている、いわゆる「日本版SOX法」に向けた対応など戦略的IT投資を実施する計画という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]