日立、独自開発のサーバ仮想化機構を発表--デュアルコアItanium 2ブレードサーバに搭載可能

ニューズフロント

2006-07-19 21:14

 日立製作所は7月19日、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」製品系列の新型ブレードサーバモジュールとして、デュアルコアインテルItanium 2プロセッサ9000番台を最大2個搭載可能な新モデル「BS1000」を発表した。ハードウェアベースのサーバ仮想化機構を標準搭載できる。8月31日に出荷を開始する。

 BS1000に搭載する仮想化機構は、日立が独自に開発した。チップセットで機能を提供するハードウェアベースであるため、「仮想環境で高性能かつ高信頼なシステムを可能にする」(日立)という。対称型マルチプロセッサ(SMP)構成のサーバ1台当たり、最大16個の論理パーティションに分割できる。

 複数の論理パーティションでリソースを共有する共有モードと、各リソースを1つの論理パーティションで占有する占有モードを備える。共有モードでは、稼働中に論理パーティション間のリソース割り当て比率を1%単位で変更できることから、業務負荷に応じた柔軟なリソース割り当てや、業務量の変動に応じた動的リソース割り当て変更が実行可能。占有モードは、共有モードに比べてリソース仮想化によるオーバヘッドを抑えられるので、性能重視のアプリケーションに適している。

 インテルの仮想化技術であるインテルバーチャライゼーション・テクノロジー(VT)と連携するため、サーバ仮想化環境の運用時にOSやアプリケーションを改変する必要がない。日立では「サーバ統合によるソフトライセンス費用や運用コストの最適化、リソースの利用率向上などにより、従来よりTCOを最大30%削減することが可能」としている。

 対応プロセッサは、デュアルコアインテルItanium2プロセッサ9050(動作周波数1.6GHz)、同9040(1.6GHz)、同9015(1.4GHz)。最大32Gバイトのメモリを搭載できる。対応OSは、Red Hat Enterprise Linux AS4.0およびWindows Server 2003 Enterprise Editionとなる。

 価格は、サーバ仮想化機構を標準搭載するモデルが228万9000円から、非搭載モデルが176万4000円から。非搭載モデルでは、10月31日よりHP-UX 11i V2にも対応する。

 また、日立は、仮想化システムの導入と運用を支援するため、新サービス「仮想システム設計・コンサルティングサービス」(価格は個別見積もり)と「プロダクトサポートサービス」(税込み月額1万3125円から)の提供を8月31日に開始する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
日立製作所
クラウド基盤

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]