編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

サーキット・シティ、GXSのソリューション採用で中小サプライヤーの受発注を電子化

CNET Japan Staff

2007-02-07 07:59

 GXSは2月5日、米家電量販店のCircuit City Storesが中小規模のサプライヤー各社との受発注業務の電子化を促進することを目的に、GXSのソリューション「GXS Trading Grid」を採用したことを発表した。

 Circuit City Storesは、GXS Trading Gridのサービスの一部である「GXS Intelligent Web Forms」を、企業間電子商取引インフラを持たない取引先に提供する。 GXS Intelligent Web Formsは、インターネット対応のウェブEDI/電子帳票ソリューション。ウェブ画面上の決められたフォーマットに入力するだけで、企業間電子商取引が容易に実現できる。

 GXSのソリューションを活用することでCircuit City Storesのサプライヤー各社は、インターネット接続とブラウザがあれば企業間電子商取引を開始することが可能。取引に関連する書類を、電子書式として作成、閲覧、管理、送信するなどの仕組みを利用できる。

 一方、Circuit City Storesは、より多くのサプライヤーが取引業務を電子化することでサプライチェーンの可視性を向上し、手作業処理に要する時間やコストを低減することができる。

 同社はまた、GXSの取引先接続支援サービスである「GXS Community Link」により、グローバル規模でパートナーとの関係構築、テクニカルサポート、変更管理が可能なコミュニティ管理環境も提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]