編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、SANブート専用ブレードサーバなどで「SIGMABLADE」製品系列を拡充

ニューズフロント

2007-02-13 07:25

 NECは2月9日、ブレードシステム「SIGMABLADE」用プロセッサブレードの新モデルとして、SANブート専用ブレード「Express5800/120Bb-d6」と中小規模環境向け高拡張ブレード「Express5800/120Bb-m6」の販売を開始した。税別価格は、120Bb-d6が38万5000円から、120Bb-m6が64万円からとする。すでに出荷を始めている。

 120Bb-d6は、接続したSANストレージからOSを立ち上げるSANブート専用ブレードとすることで、システムの信頼性を向上させた。最大メモリ容量は48Gバイトとなり、既存モデルの6倍に増やした。

 120Bb-m6は、ハードディスクを最大6台搭載可能なプロセッサブレード。オンボードRAID 0/1/5に対応し、4つの拡張スロットを備えるなど、NECでは「ラックマウントサーバと同等の可用性/拡張性を実現した」としている。

 いずれも、搭載可能なプロセッサは、デュアルコアXeon 5130(動作周波数2GHz)またはクアッドコアXeon E5345(同2.33GHz)。

 NECは、120Bb-m6とブレード筐体「SIGMABLADE-M」のセットモデル「SIGMABLADE-M簡単導入ブレードセットモデル」を、6月末までの期間限定で販売する。税別価格は、個別購入時に比べ28%安い64万円からという。

 さらに、既存製品「Express5800/120Bb-6」の新モデルとして、クアッドコアXeon E5345搭載品の販売を開始した。税別価格は54万8000円からとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]