編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

日本ユニシス、SOX法対応アセスメント向け評価フレームを発表

ニューズフロント

2007-02-16 16:37

 日本ユニシスは2月16日、日本版SOX法対応業務で発生するアセスメント作業向け評価フレーム「日本版SOX法対応評価フレーム」(仮称)を発表した。

 日本版SOX法対応評価フレームは、評価範囲の選定、内部統制の有効性評価、不備の影響度評価といった実務を支援する製品。具体的には、命題管理機能、評価(Assessment)実施支援機能、判断(Evaluation)基準登録/自動実施機能のほか、各種PDCA(計画/実行/評価/改善)モニタリング機能の実装を予定している。

 日本ユニシスでは、日本版SOX法対応評価フレームを30社以上に販売する計画。

 また、日本ユニシスは同日、金融機関向けデータベース基盤「ACEDAICOC」の販売を開始した。ACEDAICOCでは、業務フロー図作成に「Microsoft Office Visio 2003」、データベース管理に「Microsoft SQL Server 2005」を利用する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]