米バラクーダ、Adobe Readerの脆弱性を利用した攻撃への防御策を実施

WebBCN (BCN)

2007-02-23 11:47

 米Barracuda Networks(バラクーダ)は、アドビシステムズのPDFソフト「Adobe Reader」に見つかった脆弱性に対して、同社の電子メールセキュリティ アプライアンス「Barracuda Spam Firewall」を利用するユーザーが被害を受 けないための対応を完了したと発表した。

 同社では、新たなスパム定義によって、脆弱性を悪用する可能性のあるURL を検知し、該当URLを含む電子メールを防御する対策を実施した。具体的には、URLパラメータを含むPDFを参照するURLを、検索するルールを盛り込み、危険 なスクリプトであると判断された場合、自動的にこれらの電子メールを防御 し、危険な攻撃の脅威から保護するようにした。

 発見されたAdobe Readerの脆弱性は、ブラウザ上でPDFファイルを閲覧する ためにAdobe Readerのプラグインを利用するユーザーに影響を与える恐れがあ る。Adobe Readerでは、Acrobatフォームに変換する機能などに対応するため に、Webリンクに含まれるURLパラメータをAdobe Readerのプラグインに送るこ とができる。しかし、スクリプトがURLパラメータに埋め込まれている場合、 攻撃者はユーザーのブラウザ上でコードを走らせることが可能となる。この脆 弱性を悪用すると、攻撃者はWebサイトに侵入しなくても、プログラムを実行 することができてしまう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]