ビットトレント、デジタルメディアストアをオープンへ - (page 2)

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-02-26 12:06

 Navin氏は、「パートナーは作品に対するDRM保護を要求している。彼らは新しい配信モデルに対して慎重になっている。ただ、需要が高まればパートナーもDRMを使わない選択肢を模索するかもしれない」と語っている。

 この新しいオンラインストアは、ウェブから映画をダウンロードする際に一般的に見られる多くの弱点を排除している。おそらくその最たるものが、ハリウッド最大級のスタジオの映画をレンタルや購入して、ウイルスや破損ファイルの心配をせずにこれらをダウンロードできる点だろうと、Navin氏は語っている。

 米国時間26日の同サイトオープン時には、「スーパーマンリターンズ」「M:i-3」「不都合な真実」などの主要作品が配信される予定。テレビ番組では、「24」や「シャペルズ・ショウ」などが予定される。

 映画はレンタルでのみの提供となる。旧作の価格は2.99ドルで、新作は3.99ドル。映画は1カ月以内に再生を開始する必要があり、一度再生を開始したら24時間以内に見終える必要がある。テレビ番組やミュージックビデオは「ダウンロードして保存しておくことが可能」で、価格は1タイトル1.99ドル。

 価格と同様に重要なのがダウンロード速度だ。デジタル映画のダウンロードが採用されてこなかった最も大きな理由の1つが、ダウンロード速度の遅さだ。デジタル映画ファイルは膨大な量の情報を持っていて、利用可能な帯域幅を簡単に使い切ってしまう。ダウンロードには数時間かかることもあり、せっかくポップコーンを用意しても始まる前に冷めてしまう。

 BitTorrentが他のサービスに大きく勝るとみられているのがこの部分だ。

 2001年に開発されたBitTorrentのオープンソース配信システムは、インターネットでの大容量ファイル転送を支援する目的で設計された。BitTorrentは1つのファイルを細かく分割し、これらを複数のコンピュータに分散する。そして、これらの分割されたコンテンツを複数のユーザーで共有する仕組みだ。

 Navin氏によると、多数のユーザーが同じコンテンツのダウンロードを試みると速度が低下するほかのシステムとは異なり、BitTorrentのファイル共有は、速度が上がることはあっても下がることはないという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]