編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本ユニシスなど、ニコンに補修部品向け在庫管理システム「Servigistics」を提供

ニューズフロント

2007-02-26 15:15

 日本ユニシスは2月26日、サービジスティクスアジアと共同でニコンに納入した補修部品向け在庫一元管理システム「Servigistics」の運用が同日始まったと発表した。

 Servigisticsは、保守やメンテナンスといったアフターサービス業務に必要な補修部品の管理に特化したシステム。サービジスティクスアジアの親会社である米Servigisticsが開発した。

 日本ユニシスとサービジスティクスアジアは、2004年に販売契約を締結し、Servigisticsの共同販売を開始した。さらに、日本ユニシスは、アフターサービス分野におけるコンサルティングサービスも展開している。

 同システムを利用すると、顧客の地域、製品、各部品の故障率などの情報から、適正な在庫情報を導き出せるという。在庫の適正配置によるサービス率/即納率の向上、余剰在庫の削減といった効果が期待できる。また、ウェブベースのアプリケーションであるため、日本ユニシスは「導入および操作が容易」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]