編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

国立環境研究所、4.096テラFLOPSのスパコンを運用開始--NECの「SX-8R」16台

ニューズフロント

2007-03-09 16:52

 NECは3月9日、国立環境研究所に納入した最大ベクトル演算性能4.096テラフロップス(FLOPS)のスーパーコンピュータシステムの運用が始まったと発表した。同システムは、スーパーコンピュータ「SXシリーズモデルSX-8R」16台で構成している。

 SX-8Rは、2006年10月に発売したベクトル型スーパーコンピュータ。最大8個のプロセッサで構成するシングルノードの最大ベクトル演算性能は、281.6ギガFLOPSある。また、マルチノード構成として最大512ノードを接続すると、最大ベクトル演算性能は144テラFLOPSになり、「商用機としては世界最高速のベクトル型スーパーコンピュータ」(NEC)という。

 国立環境研究所は、人工衛星で得た観測データの解析/処理、地球規模の環境変動の解析/将来予測/影響解明などで、新システムを利用する。処理性能が従来システムに比べ約8倍高いことから、NECでは「地球規模の環境変動解析では、長期間かつ広範な空間的領域を対象とする膨大な演算処理が要求される研究に対応できるようになった」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]