CIOはトップの期待と目先の課題のギャップに苦悩--ガートナー調べ

目黒譲二 2007年03月16日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンは3月15日、CIO(最高情報責任者)を対象とする「エグゼクティブ・プログラム(EXP)」において実施した、2007年における課題についてのEXP CIOサーベイの調査結果を発表した。

 ガートナーのEXPでは毎年、3500人に上るCIOメンバーを中心に、CIOが抱える次年度の課題を調査している。2006年10〜12月に行われた今回の調査では、2007年のCIOの課題について全世界で1400人以上、日本では、EXPのメンバーを含む37人のCIOから回答を得た。

 調査によれば、日本のCIOとグローバルのCIOの回答に共通した傾向は、次の2点だった。

  • 回答したCIOが所属する過半数の企業は、市場を上回る速度で成長することを目指しており、その割合は2006年までの2倍以上に達する
  • 短期的に市場を上回る速度で企業が成長することを目指している経営トップの期待と、今のビジネスの中ですぐに実行しなければならないCIOの戦略にアンバランスが生じており、「苦悩するCIOの姿」が浮き彫りになっている

 また、日本のCIOの回答には、グローバルのCIOと比較して、次のような特徴が見られる。

  • 日本のCIOが回答した戦略面での優先事項に関する調査結果では、「要員の確保・育成・保持」が第1位と、グローバルの第4位に比べて格段に高くなっている。また、「ITガバナンスの改善」は、日本で第3位、グローバルでは第8位と順位に大きく差がついている
  • グローバルな企業のCIOのビジネス面における優先順位は、2005年から3年連続して「ビジネス・プロセスの改善」が第1位となっているのに対し、日本のCIOでは、この項目は2005年の第13位から2006年の第7位、2007年の第4位と順位を上げつつある

 ガートナーでは、以上の分析から、今後の日本のCIOが取るべき施策として、以下の3項目を提言している。

  • 企業にとって必要な企業力(エンタープライズ・ケイパビリティ)を引き出すため、CIO管轄下にある「情報」「技術」「アジリティ」「イノベーション」から「企業力の向上」を生み出す必要がある
  • CIOの基本的な考え方や行動パターンを「少ないコストで多くを達成する」というものから「現有のリソースを駆使して競争力の源泉となる差別化を実現させる」ことに転換する必要がある
  • 企業成長への期待に応えるために、CIOはIT部門を改革し進化させる必要がある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化