XenSource、「XenEnterprise 3.2」でWindowsサポートを強化

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年04月03日 12時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 XenSource(本社:カリフォルニア州パロアルト)は米国時間4月2日、同社フラグシップ仮想化製品のWindowsサポート強化を発表したが、6月出荷予定の新バージョンでは大幅な変更が加えられることになるという。

 「XenEnterprise 3.2」では、これまでのバージョンが対応していた「Windows Server 2003」と「Windows XP」に加え、「Windows Server 2000」まで動作するようになった。さらに、前者2種類のOSに関しては、1基だけではなく最大8基のプロセッサをサポートするようになった。

 主要x86サーバに浸透しつつある仮想化は、1台のコンピュータ上にある「バーチャルマシン」という異なる区画で複数のOSを同時に動作させる技術。この技術を利用すれば、コンピュータをより効率的に活用することができ、最終的には、変化する処理需要に流動的かつ自動的に対応できる基盤が実現する。

 既存のXenSourceソフトウェアは、1台のサーバ上で運用する設計になっているが、6月の変更により、同社の製品と野望が大幅に拡大されることになると、最高技術責任者(CTO)のSimon Crosby氏は語る。その際には、同社のソフトウェアが実行中のLinuxやWindowsバーチャルマシンを1台の物理マシンから別のマシンへと移動し、管理ソフトウェアで一連のサーバを集中管理できるようになる。

 Crosby氏は、「XenSourceは、6月に初めてフェデレーテッドマルチサーバ製品へと移行する。1つの共有ネーム空間に複数のXenEnterpriseサーバを置き、バーチャルマシンを瞬時に移動できるようになる。マルチサーバのダイナミックインフラではこれが基盤的要素になる」と語っている。

 オープンソースのXenソフトウェアを基盤にした製品を開発するXenSourceは、圧倒的なシェアを持つx86サーバ用仮想化ソフトウェアベンダーのVMwareからマーケットシェアを奪おうとしている。VMwareは既に、「Virtual Infrastructure 3」という製品の形で高いレベルの仮想化ソフトウェアを提供している。

 仮想化は注目の概念で、XenSourceにはほかにも多数のライバルがいる。例えば、Microsoftから2008年出荷予定の「Viridian」ソフトウェア、Novellの「SUSE Linux Enterprise Server」や「Red Hat Enterprise Linux」に搭載されたXenの各種オープンソースバージョン、新規参入の「KVM」、「Virtual Iron」、SWsoftと同社の「OpenVZ」プロジェクトなどがある。

 Crosby氏によると、XenSourceは現在「数百社」の顧客を抱えているという。そのなかには、ServerCaveやPanAmerican Capital Partnersなどが含まれる。

 Xenは、仮想基盤上で動作するようOSの修正が必要な「準仮想化」と呼ばれる仮想化技術の一種を採用している。これは、オープンソースのLinuxでうまく機能する。しかし、IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)の新しいx86プロセッサでは、WindowsなどのプロプライエタリなOSがそのままXenで動作する。

 Crosby氏は、Red Hatが公開しているソースコードを使ってOracleが「Red Hat Enterprise Linux」のクローンを開発したことに言及し、「われわれは、OracleがRed Hatにしたようなことをされたくない」と語っている。

 Xenはオープンソースソフトウェアだが、Windowsのネットワークパフォーマンスを向上させるプロプライエタリなソフトウェアなどもXenEnterpriseには含まれている。

 だがまもなく、Windowsのネットワーキング処理高速化は商用版専用のオプションではなくなる。IntelとNovellはXenの仮想Windowsネットワークのボトルネックを解消するオープンソースソフトウェアを開発中で、Novellは、2007年上半期の「SLES 10 Service Pack 1」出荷までに同ソフトウェアをリリースすることを明らかにしている。

 XenEnterpriseの価格は、プロセッサごとのコア数に関係なく、デュアルプロセッササーバで年間488ドルとなっている。また、最大4バーチャルマシンの制約がある「XenExpress」と呼ばれるバージョンが無償でも提供される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算