編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アテネコンピュータ、マクニカ製ビジネスダッシュボードとERPの連携ツール

ニューズフロント

2007-04-09 21:03

 アテネコンピュータシステムは4月9日、マクニカのビジネスダッシュボード構築ツール「MyB3 Smart 2」とNTTデータシステムズの統合基幹業務パッケージ(ERP)「SCAW」を連携させるソフト製品「MyB3 Smart for SCAW」を開発したと発表した。

 MyB3 Smart 2は、組織内に散在するさまざまなデータをグラフ化し、情報資産を視覚化するシステム。一方のSCAWは、中規模企業向けのERP。「営業管理」、「生産管理」、「財務管理」、「人事管理」、「Frontizm」(ワークフロー)、「eTrans」(データ連携)という6つの製品で構成する。

 今回発表されたMyB3 Smart for SCAWは製品を連携させるためのソフトで、短時間で経営ダッシュボード構築が可能という。SCAWのデータをMyB3 SmartのSCAW標準テンプレートで表現可能となったほか、SCAW財務管理システム以外のデータとも連携できるため、財務データと非会計データを組み合わせた経営ダッシュボードも作れる。

 マクニカでは、MyB3 Smart for SCAWの利用により「SCAW財務管理システムのデータをカスタマイズすることなくビジュアル化し、ウェブ上のダッシュボードシステムによる企業情報の“見える化”を実現できる」としている。

 販売はアテネコンピュータシステムが担当する。今後3社は、営業管理、生産管理、人事管理のデータ可視化にも取り組む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]