編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日本コンピュウェア、Java/.NETアプリ性能監視ツールの最新版「Vantage 10」

ニューズフロント

2007-04-17 15:10

 日本コンピュウェアは4月17日、Java/.NETアプリケーション用のパフォーマンス監視ツールの最新版「Vantage 10」を発表した。価格は96万6000円からとする。

 Vantage 10は、スクリプト化されたトランザクションと、実際のユーザーの動きを調べることで、「エンドユーザーの視点で性能品質を包括的に監視する」(日本コンピュウェア)。

 新たに導入した「ビジネスインパクトメトリクス」を利用すると、処理性能や可用性の問題で影響を受けるユーザー数などを予測できる。この情報を参考にすると、日本コンピュウェアでは「IT部門は実際のビジネスインパクトにもと基づいた問題に対する優先順位付けと解決を行えるため、アプリケーションサービスをより効果的に管理できる」としている。

 また、Vantageは、VoIPアプリケーションとほかのアプリケーションを比べ、VoIPサービスの総合的な稼働状況を把握し、音質の低下しているVoIP通話の数などを表示する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]