編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ACCS、全国の公益法人にソフトウェア管理の実施を呼び掛け

WebBCN (BCN)

2007-04-25 12:23

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は4月24日、社団法 人、財団法人などの公益法人内でのソフトウェアの違法コピーを防止するため、 全国の約2万6000団体に対して、ソフトウェア管理の実施を呼び掛けるダイレ クトメールを4月20日に発送したと発表した。

 ACCSが取り組んでいる、企業や団体でのソフトウェアの不正使用対策の一環 として行ったもの。同協会はこれまでも、ソフトウェア管理を紹介するコンテ ンツ作成や、管理方法を説明するセミナーやキャンペーン、ダイレクトメール の送付を行って実施してきたが、公益法人向けにダイレクトメールを送付する のは今回が初めて。

 ダイレクトメールには、ソフトウェア管理手順の簡単な説明を同封したほか、ACCSソフトウェア管理支援サイト「ソフトウェア管理のすすめ」も案内するな ど、実施に向けたアドバイスを提供する体勢も整えた。これを機に、多くの公 益法人にソフトウェア管理を徹底してもらえるよう、今後もソフトウェア管理 の普及啓発と実践の支援活動を続けていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]