編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、使用済みPC買い取り時に企業の構内でデータを消去するサービス

WebBCN (BCN)

2007-06-06 13:32

 NECとNECパーソナルプロダクツは6月5日、再生パソコン「NEC Refreshed PC (NECリフレッシュPC)」事業において、使用済みPCの買い取りを強化するた め、買い取り時に企業の構内でデータ消去を行う「法人向け出張データ消去サー ビス」を6月11日から開始すると発表した。

 法人ユーザーから使用済みPCを買い取る際に、NECのサービスエンジニアが ユーザー企業を訪問し、企業の構内でPCのHDDに残っているデータの消去を行 うサービス。通常、NEC Refreshed PC向けに買い取ったPCはNECの工場内でデー タ消去を行うが、「法人向け出張データ消去サービス」では、ユーザー企業の 構内でデータ消去作業を行ってから工場に運ぶため、輸送時の情報漏えいを防 止することができる。

 データの消去方法は、米国防総省NSA規格に準拠したNEC独自のデータ消去ソ フトによる消去方式や、HDDに穴を開けて物理的に破壊する方式などから選択 することが可能。出張地域は関東、中部、近畿で、これ以外の地域については 別途相談に応じる。

 サービス料金は、「訪問基本料金」と、データを消去するHDDの台数に応じ た「データ消去費用」の合計となる。訪問基本料金の税別価格は、HDD10台ま でが1万円、11−25台までが1万8000円、26−50台までが2万6000円、51台以上 は個別見積もり。データ消去費用の税別価格は、HDD10台までの場合で、ソフ トによる消去が11台あたり3100円から、HDDの物理破壊が1台あたり5500円から。

 NECはこれまでも、買い取ったPCからの情報漏えいを防止する取り組みを行 ってきた。加えて、今回の「法人向け出張データ消去サービス」を開始するこ とで、使用済みPCの買い取り工程におけるセキュリティを向上させ、法人ユー ザーが安心してPCを売却できる環境を整備する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]