編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

xfyラプソディ--第3番:再利用

福田昌弘

2007-06-13 14:00

 xfy View Designerで作成したテンプレートを使ってxfy Enterprise Client上から入力した値は、XMLオブジェクトとしてxfy ServerのXMLオブジェクトリポジトリに格納される。そして、このようなXMLオブジェクトは、xfy Serverの利用ユーザー間で共有できる。

 XMLオブジェクトリポジトリの内容を検索し、抽出結果を元にグラフや集計表を作成することで、蓄積しているデータを再利用できる。さあ、「第3番:再利用」を奏でよう。

XMLオブジェクトを検索

 前回までの「第2番:コンテンツデザイン(その1)(その2)」で示したように、xfyを使うことで次のような営業週間報告書をXMLオブジェクトとして作成できる。同様に、顧客対応状況や品質管理票などもxfyで作成できる。ちなみに、ここに示したXMLオブジェクトの例は、どれも「xfy Enterprise Edition 1.5 Test Drive」にサンプルとして収められているものである。

xfy03_01 XMLオブジェクトの例。

 そして、このようなXMLオブジェクトから特定のものを検索するときには、「XMLオブジェクトリポジトリ操作ツール」を使う。XMLオブジェクトリポジトリ操作ツールでは、検索する方法、条件、対象を指定する。

 たとえば、次の例では、[検索]タブで、作成者が“福田 昌弘”であり、xfy Serverの“sampleData”配下にあるXMLオブジェクトのファイルを検索するように指示している。このように指定し[検索]ボタンをクリックすることで、検索結果を得られる。

xfy03_02 XMLオブジェクトリポジトリ操作ツールによる検索。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]