マイクロソフト、Vistaにおける仮想化ソフトへの制限を維持

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月20日 16時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今週、Windows Vistaの仮想化対応を拡大すると発表する予定だった。しかし、同社は直前になって方針を転換し、従来の制限を堅持する決断を下した。

 Microsoftは以前、記者やアナリストらに対し、Windows Vista Homeを仮想マシン上で利用可能にする計画に関する簡単な説明を行った。目的は、仮想マシン上でVistaを使用するために、Vistaで最も高価な2バージョンのうちの1つを購入しなければならないことにいら立ちを感じていた仮想化ファンやMacユーザーたちからの批判に対処することにあった。

 Parallelsの仮想マシンソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」やMicrosoft自身の「Virtual PC for Windows」といったソフトウェアを使用することにより、複数のOSの同時稼働が可能になる。Microsoftは2006年にVistaのライセンシングルールを発表した際、ゲストOSとして利用可能なバージョンをVista BusinessとVista Ultimateの2つに限定すると発表した。同社はその理由として、仮想化にはセキュリティリスクが伴うため、対応するVistaのバージョンを限定することにより、高度な知識や技能を有するユーザーや企業のみがその手法を利用できるようにしたいと説明した。

 しかし、特にMac上では、仮想化はすでに広く使われるようになっており、多くのユーザーがWindows Vista Homeの利用を希望していた。また、このWindows Vista HomeにさらなるセキュリティリスクがないことはMicrosoftの関係者たちも認めている。

 Microsoftは今週行われた複数のインタビューで、同社は依然としてセキュリティリスクについて懸念しているとしながらも、(Vistaの仮想化に関する従来の)方針を変更し、選択をユーザーたちに委ねるつもりだと語っていた。

 Windows Business GroupのディレクターScott Woodgate氏は、「ユーザーは仮想化を利用するかどうかの、選択をしたがっている」とした上で、「われわれは彼らの声に真摯に対応する」と語っていた。

 今週初め、Microsoftがラインセンスルールの変更を計画していると信じていたParallelsは、Microsoftを称賛し、同社が顧客の要望を聞き入れたことを喜んでいると述べていた。

 Parallelsの企業広報担当ディレクター、Benjamin Rudolph氏は、Microsoftが方針転換する前の米国時間6月18日、「ニュースを聞いた時、われわれは非常にうれしかった」と語った。またRudolph氏はそのインタビューの中で、Parallelsのユーザーたちは、MicrosoftがなぜMac OSとともに利用できるVistaのバージョンを限定するのか理解に苦しんでいたと語った。「ユーザーたちはVistaを利用したがっているが、そのために400ドル支払わなければならないことに若干困惑気味だ」(Rudolph氏)

 Microsoft の方針転換後、Rudolph氏は失意をあらわにした。

 Rudolph氏はCNET News.comに宛てた電子メールで「Microsoftがユーザーが仮想マシンソフトで全バージョンを稼働できるようにVista(のライセンス体系)を変更しなかったことは残念だ。しかし、自社のソフトウェアのライセンスをどうするかというのは最終的にMicrosoftの問題であり、われわれはその決定を尊重するつもりだ。この問題について、引き続きMicrosoftと話し合ってゆく」と述べている。

 Microsoftは今回の方針転換に関する説明はほとんど行っていない。

 Microsoftは19日遅くに発表した声明の中で、「MicrosoftはWindowsの仮想化に関する方針を見直し、2006年秋に発表した当初の方針を維持する決定を下した」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化