編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IPアドレスの読み方--ネットワークのイロハ(4)

宮本健一(ノーテルネットワークス)

2007-07-02 08:00

 前回、前々回とOSI参照モデルを用いてプロトコルの階層について説明した。ネットワークは基本的に、一部の物理層を除いて可視化できず複雑そうなので抵抗があったかもしれないが、各レイヤ(階層)ごとに分けて考えると意外と分かりやすいと感じた人も少なくないと思う。「何となくイメージがつく」ということが今の時点では大事で、本連載の狙いでもある。

 さて、毎回自分の中で恒例にしていたつまらない小話は不評(?)に終わっている感があるので省略するとして、今回はこの連載によく登場する「IPアドレス」をもう少し掘り下げて説明してみよう。やはりIPアドレスは基本中の基本で、確実に押さえる必要がある。

 IPアドレスは、端末がネットワーク上のどこにいるのかを表す住所や電話番号のようなもので、IPプロトコルを使用してデータを送る際には必ず必要となる。そしてこのアドレスは数列で表される。

 「192.168.0.2」というような表記を一度でも見たことがある方は多いかと思う。「.」(ドット)で区切られた4列のこの表記はまさにIPアドレス(IPv4)を指しており、32ビット10進法で表す。

IPアドレス IPアドレス

 上の図の通り、本来ならば物理層での電気信号のように「0」「1」の2進法で表すべきところだが、「2の8乗」などは非常に読みにくいので、通常見やすくて理解しやすい10進法で表す。

 さてこの4列で表されたIPアドレスは電話番等に似ており、文字列に意味がある。電話番号には「市外局番」と「番号」があり、それぞれ属している地域グループと独自の番号を表す。それに対しIPアドレスには、「ネットワーク部」と「ホスト部」があり、それぞれどこのドメインに所属しているか(市外局番)、その中のどの端末なのか(番号)を表す。ネットワーク部とホスト部は、例えば以下のように分けられる。

ネットワーク部とホスト部 ネットワーク部とホスト部

 IPアドレスは、世界に1つしかないユニークなアドレスなので、所属するネットワーク部は、同じグループ(ドメイン)同士でない限り重複していてはならない。

 では、どこからどこまでがネットワーク部で、どこからがホスト部なのか。実は区別の仕方が2種類ある。「クラス分け」と「サブネット(マスク)分け」である。1つずつ見てみよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]