編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HP、インテル、NTT、SymlabsがLiberty AllianceのAdvanced Client仕様の相互運用性を実証

CNET Japan Staff

2007-06-28 23:06

 Liberty Allianceは6月27日、HP、Intel、NTT、Symlabsの各社が、さまざまなクライアントデバイスのアイデンティティ情報を管理することを目指して設計されたLiberty Allianceの新仕様「Advanced Client」の相互運用性を実証したことを発表した。

 この発表は、Advanced Clientの仕様が基本的な要件を満たし、相互運用性のある実装が可能なことを確認することを目的に、Liberty Allianceのテクノロジエキスパートグループ(TEG)が行った試験で実証されたもの。Advanced Client仕様最終版のリリースは、2007年夏になる予定という。

 今回の予備試験において、HP、Intel、NTT、Symlabsの各社は、オンラインおよびオフラインでのシングルサインオン、Webサービスへのセキュアなアクセス、デバイスレベルの完全なプロビジョニングライフサイクルなど、Advanced Client仕様の相互運用性と主要機能を実証した。

 クライアント仕様およびロードマップの詳細は、Liberty Allianceのウェブサイトで紹介されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]