編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

特定ユーザー対象のトロイの木馬広がる--6月の国内スパイウェアランキング

吉澤亨史

2007-07-03 20:00

 ウェブルート・ソフトウェアは7月3日、6月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。

 このランキングは、ウェブルートのスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェア情報。スパイウェアを「アドウェア」「トロイの木馬」「システムモニタ」の3種類のカテゴリに分類し、それぞれトップ10を集計している。

 アドウェアでは、1位が「Virtumonde」、2位が「DriveCleaner」、3位が「GAIN」となった。1位のVirtumondeは前月は圏外であったもの。ニセのセキュリティソフトウェアの広告を出すことでも知られており、また多くの亜種が存在し、削除が難しいアドウェアのひとつ。

 ニセのセキュリティソフトウェアの広告が何度も表示されたり、削除したニセのセキュリティソフトが何度もインストールされる場合は、システムの完全なスキャンをすべきとしている。

 トロイの木馬では、1位が「Trojan-Downloader-Zlob」、2位が「Trojan Agent Winlogonhook」、3位が「Trojan Hachilem」となった。オンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬であるTrojan Agent Winlogonhookが、前月の6位から2位に上がっている。またウェブルートでは、特定のユーザーに狙いを定めてトロイの木馬を送付する攻撃が広がっていると説明している。

 システムモニタでは、1位が「Stealth Keylogger」、2位が「2Spy!」、3位が「iOpus ActMon」となっており、1位から4位までが前月圏外からのランクインとなった。システムモニタは、システム管理者が監視のために正規に利用する場合もあるが、監視を知られないようにするために存在を隠す機能がある。このため、インストールをした覚えがないシステムモニタが検知された場合は注意が必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]