編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NTTデータ先端技術とディーリンク、エッジ型検疫LANシステムを共同開発

WebBCN (BCN)

2007-07-23 10:05

 NTTデータ先端技術(山田伸一社長)とディーリンクジャパン(ディーリン ク、大久保融社長)は、共同開発した「エッジ型検疫LANシステム」を7月20日 に発売した。

 NTTデータ先端技術の統合型セキュリティ管理ソリューション「NOSiDE Inventory Sub System 2007(NOSiDE)」と、ディーリンクのレイヤー2+ 10ギガ ビット スイッチ「DGS-3400シリーズ」の連携により、ユーザー認証アカウン トの一元的な管理ができるシステム。

 「NOSiDE」のインテグリティ・チェック機能と「DGS-3400シリーズ」のアク セス・コントロール機能により、規定の社内ポリシーに合致しないLAN接続端 末をシャットアウトできる。また、Webベースの認証連携により、クライアン ト端末がエージェントを搭載しない環境でも検疫LANが構成可能。さらにWindowsクライアント以外にも、Mac OS XクライアントやLinuxクライアントの認証 にも対応する。

 今後、ディーリンクでは、「NOSiDE」対応の認証スイッチラインアップとし て、今回の「DGS-3400シリーズ」に加え、L2+コンパクト セキュア ギガスイ ッチ「DGS-3200-10」、レイヤ3 10ギガビット スッタカブルスイッチ「DGS-3600シリーズ」を追加する予定。

 今後3年間で、NTTデータ先端技術は「NOSiDE」10万ライセンス、ディーリン クは「DGSシリーズ」スイッチ10万台の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]