インテル、コンピュータへの光配線化に向け、高速モジュレータを開発

文:Michael Kanellos(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦 2007年07月25日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月第4週に入って、Intelの研究者が40Gビット/秒のデータ伝送が可能なシリコンモジュレータ(変調器)を披露した。これまでの最速記録を塗り替えるこの速度は、光ファイバ配線を搭載したコンピュータの実現が近いことを意味するものだ。

 モジュレータは、もともと光ファイバ産業で用いられてきた部品だ。その原理は、レーザーの光を細かく点滅させて光の点を作り出し、最終的には「0」と「1」の2進数として、コンピュータに認識させるというものだ。現在、コンピュータ(とチップ)は金属製ワイヤを用い、信号を電子で伝達している。ただし、金属製ワイヤは熱を発するため、コンピュータ内でエネルギー不足が生じる原因にもなっている。

 一方、光ファイバはデータを光子で送る。これは電子より高速で、発熱もない。では、問題はないのかというと、そうではない。これまで、光ファイバネットワークを構成する部品は、高価で大きいうえに、扱いが難しいのが泣き所だった。チップのエンジニアが、光ファイバの製造工程を「黒魔術」と呼ぶこともしばしばだ。

 この数年間、Intel、Primarion、IBMといった企業が、光学部品を標準的なシリコン製造ラインで大量生産する方法を考案してきた。モジュレータやレーザー装置といった部品については、試作品が作られている(われわれも2001年から記事で取り上げている)。

 Intelはまず、2004年に1GHzのシリコンモジュレータを発表し、その1年後には10Gビット/秒にまで高速化された。さらに、今回のモジュレータは4倍の量のデータを伝送可能なうえ、消費電力は少なく、サイズも小さくなっている。また、コストも低く抑えられる可能性がある。

 では、どのような仕組みになっているのだろう? プロジェクリーダーのAnsheng Liu氏が、ブログの中で以下のように説明している。

 「マッハツェンダー干渉計を通る光の強さは、干渉計の2本のアームのあいだの位相差を調節して変調される」とLiu氏は言う。これでおわかりだろうか。「マッハGoGoGo」レベルの私の科学理解を超えているが、ともかく、私はLiu氏の言葉を信じることにしよう。

 Intelをはじめとする企業は、2010年が近づくころにはコンピュータへ光学部品が組み込まれるようになる可能性があると予測している。当初、光学部品は個別のチップとして導入され、その後チップ内に組み込まれる見込みだ。こうした技術が実用化されれば、最終的にはカメラ、MP3プレーヤー、コンピュータの高速化に役立つとみられる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化