編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東芝ITサービス、複数サーバーのセキュリティ状況を一括把握するソフト

WebBCN (BCN)

2007-08-09 10:57

 東芝ITサービス(石橋英次社長)は8月8日、サーバーのセキュリティ対策状 況を監視・診断するソフト「セキュドック<センター>」を発売した。

 すでに販売しているセキュリティ診断ツール「セキュドック<スタンダード >」に、複数のサーバーを集中管理する機能を付加したもの。脆弱性の数やセ キュリティパッチの適用状況など、サーバーのセキュリティ状況を表やグラフ で分かりやすく把握できる。

 新製品では、複数の遠隔地にあるサーバーでも、エージェントをインストー ルしネットワーク化すればセキュリティ状況を診断・把握できるようにした。 管理するサーバーが多い企業や、営業所や支店・支社を複数もつ企業の管理コ ストを下げられるメリットがあるという。

 製品は、管理ソフトの「マネージャ」と、管理したいサーバーに埋め込むソ フトの「エージェント」で構成。税別価格は「マネージャ」が80万円から、 「エージェント」が60万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]