ノベルCEO、LinuxディストリビューションのISV標準策定を呼びかけ

文:Paula Rooney 翻訳校正:編集部 2007年08月09日 17時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novellの最高経営責任者(CEO)であるRon Hovsepian氏は、Linux業界がベンダー中立の立場でアプリケーション開発用標準を策定しない限り、UNIXをだめにしたのと同じ分断化に直面するだろうと述べている。

 Ron Hovsepian氏は米国時間8月8日、LinuxWorldのMoscone Center会場を埋めた満員の聴衆を前にして、Linux Standards Base(LSB)は出発点としては優れているが、それだけでは十分ではないと述べた。同氏は、Linuxの分断化を防ぎ、MicrosoftがWindowsのために作り上げたようなコミュニティをISV(独立系ソフトウェアベンダー)向けに構築するために、標準Linuxの認証制度が必要だと述べた。

 Hovsepian氏は「UNIXでは、アプリケーションの分断化が起こっているものの、われわれが現時点で一番必要としているのはアプリケーションだ。われわれは、顧客やISVにLinuxプラットフォームを利用してもらわなければならない」と述べ、「競合やWindowsに目を向ければ、彼らにとっての最大の強みは提供可能なアプリケーションだとわかる」と付け加えた。

 Linuxディストリビューションは、プラットフォームの一貫性が確立されるまで拡大されないだろう。いったんISVが彼らのアプリケーションに対する認証を取得すれば、それを複数のLinuxディストリビューション間でシームレスに移植できるようになるというのが理想だ。そうなればベンダーもメリットを得られる。アプリケーションや顧客にとって市場がより広がるのだ」(Hovsepian氏)。

 そして、NovellがMicrosoftと2006年にプロプライエタリなソフトウェアとの相互運用性協定を結んだことを受けて、オープンソースコミュニティと同社との間に醜い争いが起こったにもかかわらず、Hovsepian氏はFree Software Foundation(FSF)とその雄弁な顧問弁護士であるEben Moglen氏に対して、GNU General Public License(GPL)の策定と普及、そしてより気を遣って、GPL3の最終バージョンにおいてNovellとMicrosoftの協定を認めてくれたことに関して感謝の意を表した。

 Hovsepian氏によれば、SUSE Linuxを利用している顧客がMicrosoftから入手し、Novellで使用するクーポンはGPLに違反しておらず、Microsoftは自らを「契約の当事者である」とは考えていないという。

 「(彼らの貢献がなければ)Linuxは現在の地位を築けていなかっただろう。GPLに対する彼らの貢献に感謝し、称賛の言葉を贈りたい。(SUSE Linux Enterprise Serverの)パッケージが準備でき次第、われわれはGPL3(にのっとったそれらのパッケージ)を出荷する予定だ」(Hovsepian氏)

 Hovsepian氏はこの話の続きとして、OracleがLinuxディストリビューションのサポート市場に--Novellの競合であるRed Hatの派生ディストリビューションに対して--参入したことや、MicrosoftがLinuxディストリビューターのLinspireやXandrosとも協定を結んだことさえも含めて、プロプライエタリなソフトウェア企業がLinux業界に参入したことを称賛した。

 Hovsepian氏は、顧客のニーズを満足させるためには、悪魔と契約を結ばなければならない時もあると示唆した。同氏は「われわれは、20年もMicrosoftと闘ってきたが、顧客のオフィスに行ってみれば(プロプライエタリなソフトウェアとオープンソースソフトウェアが混在している環境[ミックスドソース環境]が)広がっているというのが現実だ」と述べた。

 同氏は、「Microsoftは、ミックスドソース環境における現実だ」と述べるとともに、「われわれのパートナーの開発モデルの進化を見てきているし、顧客がソフトウェアの真の価値に注力できるミックスドソース環境もより見かけるようになってきた。そして真の価値は、ソフトウェアがいかに連携するかということなのだ」とも述べた。

 Hovsepian氏は、NovellはOpenDocumentに対するサポートを継続しており、OpenXMLに移行することはないと主張した。移行するのではなく、Novellは顧客に対して、Microsoft Officeとの溝を埋めるためのOpenXML用トランスレータを提供しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化