編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

どれが最速?--Mac用Windows仮想マシンパフォーマンス比較 - (page 2)

文:Daniel A. Begun(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、瀧野恒子、國分真人

2007-08-30 16:00

Adobe Photoshop CS3テスト(単位:秒)
(バーが短いほうが高性能) Adobe Photoshop CS3テスト

 「Adobe Photoshop CS3」テストの結果は、マルチメディアマルチタスキングテストの結果を再現するものであった。FusionはParallelsよりは速いものの、FusionもParallelsもBoot Campで動作するWindowsの場合ほど高速ではない。MacのパフォーマンスをWindowsと比較した場合の絶対的な結論を出すには、Photoshop CS3テスト、マルチメディアマルチタスキングテスト、「Cinebench R10」テスト(次のグラフ参照)はどれもそれだけでは不十分である。しかし今回のIntel Macのパフォーマンスは、Windowsシステムと少なくとも互角か、または時にはより高速である。

Cinebench R10テスト
(バーが長いほうが高性能) Cinebench R10テスト

 MaxonのCinebench R10テストは、たとえば写真のようにリアルな3Dシーンをレンダリングするなど、CPUに負担をかけるテストである。テストでは同じシーンを2回レンダリングした。その際、最初は1個のCPUコアのみ使用し、2回目には利用可能なすべてのCPUコアを使用した。マルチCPUコアをサポートする仮想化アプリケーションはFusionだけであり、したがってマルチCPUベースでレンダリングできたのもFusionのみである。シングルコアでのレンダリングの場合、FusionとParallelsはほぼ同じパフォーマンスであった。興味深いことに、我々が今回行なったテストのうちCrossOver Macで実行できたのはこのテストだけであった。CrossOver Macのシングルコアでのパフォーマンスは、他の2つの仮想化アプリケーションをわずかに上回った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]