編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

どれが最速?--Mac用Windows仮想マシンパフォーマンス比較 - (page 3)

文:Daniel A. Begun(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、瀧野恒子、國分真人

2007-08-30 16:00

Quake 4テスト(単位:fps)
(バーが長いほうが高性能) マルチメディアマルチタスキングテスト 注:Quake 1.2パッチを使用

 「Quake 4」を動作させることができた仮想化ソフトウェアは、Parallelsだけであった。我々は、現在の標準からはやや保守的な設定(1024x768、High Quality、4倍速アンチエイリアス処理、8倍速異方性フィルタリング)を使用し、かろうじてプレイ可能な程度のフレームレートとした。低品質設定であればフレームレートが高くなり、よりプレイしやすくなるが、見かけはそれほど変わらない。とはいえ、とにかく仮想化ソフトウェアでWindowsベースのゲームをプレイすることができたのはうれしい驚きであった。仮想化アプリケーションの開発者たちは、近い将来Windows系ゲームとの互換性を向上させることを約束している。

 純粋にパフォーマンスの視点から見ると、FusionがParallelsよりも速いプラットフォームであることがわかった。それに加えて、我々がランダムに行なった実地テストでは、FusionのほうがParallelsよりもやや安定性に優れていた。ただし、FusionよりもParallelsの出荷用バージョンのほうを長時間使用したため、これは必ずしも公正な比較ではない。FusionとParallelsは使いやすさにも多少の差があった。個人的な好みはユーザーのセンスに左右される可能性が高い。私にはParallelsのほうがFusionよりもやや直感的であるように思えるが、これは私がParallelsをFusionよりも長時間使用したからかもしれない。CrossOverがこれらに肩を並べるためにはまだかなりの追い上げが必要だが、CodeWeaversのスタッフはたえず前進し続けているように見える。現在までのところ、メインストリームのゲームをMacでプレイする方法は依然としてたった1つ、Boot Campを介してインストールしたネイティブWindowsを使うしかない。とはいえ、Macで動作させるのがOutlookやExcelといったありきたりなWindowsアプリケーションだけであれば、今回取り上げた仮想化オプションはどれを使っても大きなパフォーマンスの差は感じられないはずである。リソースへの負担が少ないアプリケーションの場合、どの仮想化アプリケーションのパフォーマンスもおそらく十分に高速であると考えられる。

 システムテストの詳細はこちらを参照のこと。

システム構成:
Apple Mac Pro
2x 2.66GHz Intel Xeon 5355 CPU(合計8コア)、2048MB DDR2 FB-SDRAM 667MHzメモリ、512MB ATI Radeon X1900グラフィックスカード、500GB Seagate 7200rpm SATA/150ハードドライブ

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]