NRI、地域のシルバー人材活用を支援する情報サービス新会社を設立

WebBCN (BCN)

2007-08-27 13:07

 野村総合研究所(NRI、藤沼彰久社長)は8月24日、地域のシルバー人材の活 用を支援する新会社「エヌ・アール・アイ・社会情報システム(NRI社会情報 システム)」を10月1日に設立すると発表した。

 NRIは地域のシルバー人材センター向けの総合情報処理システム「エイジレ ス80」を開発、地域社会の多様な人材活用に貢献してきた。団塊世代が退職時 期を迎えた現在、高齢者が意欲を持って働ける社会の実現が求められており、 地域社会のニーズに応え、高齢者と地域社会の接点づくりを支援するため、NR I社会情報システムとして独立させることにした。

 資本金は1億円でNRIが全額出資、代表取締役には宮内康一氏が就任する。従 業員は約50人。事業規模は、3年後に売上高約18億円を目標とする。

 事業内容は、情報システム、ネットワークシステム、ソフトウェア、データ ベースおよびハードウェアの企画、設計、開発、販売、保守および運用に関す る業務。またこれらに関わるコンサルティングおよび教育研修業務なども行う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]