マルウェア感染サイト約45%が中国に--ソフォス調査

文:Victoria Ho(ZDNet Asia) 翻訳校正:編集部 2007年09月04日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルウェアに感染しているウェブサイトのほぼ半数は中国にある。

 ウイルス対策企業Sophosが9月3日に発表した報告によると、2007年8月時点の感染サイトのうち44.8%が中国(香港を含む)のサイトで、第2位の米国(20.8%)をはるかに上回った。

 感染ウェブページも増え続けており、この8月、同社は1日平均5000ページの新規感染を検知したという。

 しかし、上位3カ国である中国、米国、ロシアのサイトに近寄らなければマルウェアに感染しないと考えるのは早計だと、同社は警告する。

 SophosのシニアセキュリティコンサルタントであるCarole Theriault氏は、発表の中で、次のように説明している。「感染ウェブページの4分の1以上は上位3カ国にあるが、この3カ国にあるウェブサイトを訪問しなければ感染しない、ということではない」

 「ハッカーは世界中のウェブサイトを乗っ取り、中国、米国、ロシアのサイトにあるマルウェアに誘導する。サイバー犯罪者は、そのためのウェブサイトを選り好みしない」

 同社は、そうした感染サイトに利用者を誘導するタイプのスパムが急増している点にも警鐘を鳴らしている。悪意ある電子メールの送信者は、添付ファイルに対するウイルススキャナを回避するため、電子メールの本文で受信者を悪意あるコードを含むウェブサイトに巧みに誘導する。誘導された受信者が電子メールのリンクをクリックすると、そのコンピュータが感染するという仕掛けだ。

 「ほとんどのマルウェアの作者は、スパムとウェブを組み合わせてユーザーを感染させようとする。犯罪者も、企業のゲートウェイにあるフィルタを通過しようと躍起になっている」

 6月、ほぼゼロだった中国ドメインからのスパムが450スパムドメインに急増した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算