IBM、グリッドコンピューティングで気候変動のモデル化に協力

文:Tom Espiner(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年09月05日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMはケープタウン大学の研究者と協力し、グリッドコンピューティングを利用して南アフリカの気候変動をモデル化しようと試みている。

 AfricanClimate@Homeのプロジェクトは、World Community Gridを使用して数値を処理し、同地域の既存の気候パターンを分析するモデルを構築することを目指している。データを活用して気候変動によって起こりうる潜在的なシナリオをモデル化し、洪水などの災害による被害を減らすための予防的な対策を講じられるようにする目的だ。

 「われわれはアフリカ南部の気候変動を分析する、より確実性の高いモデルの構築を目指している」とIBMの英国における社会貢献活動(Corporate Community Relations:CRS)を担当しているマネージャーのMark Wakefield氏は語る。「同地域の気候変動を予報および予測できるようにするのが目標だが、現時点では基本的なビルディングブロックがそろっていない」

 Wakefield氏によると、World Community Gridは「1台のスーパーコンピュータよりもはるかに高速」であり、気候の計算における複雑性や関与する変数の数を考えると、このような処理速度が必要になるという。

 ケープタウン大学の気候システム分析グループの主任研究者であるMark Tadross博士は次のように語る。「気候の予測には、気温、風速、気圧、湿度といったあらゆる変数が存在するため膨大な計算能力が必要になる。モデルを改良するためには、局地的な地域で観測される実際の気象条件により近似させるための、より優れたアルゴリズムを考案する必要がある」

 Wakefield氏は、グリッドコンピューティングを使用した計算では、人々のコンピュータシステムの使用されていないサイクルを活用するので、エネルギーの消費増加によって気候温暖化を促進することはないと指摘する。「IT活用の大原則は使用されていないマシンの電源を切ることだ。(しかし)ほとんどの人は何らかの形でコンピュータを利用しており、電話をかけたり、会議ではラップトップの電源を入れっぱなしにしておいたりする。われわれは、そのようにすでに消費されているエネルギーをもっと有効に活用したいと考えている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化