シマンテック、「ノートン」 シリーズ新版を発売--パッケージ版は9月21日から

田中好伸(編集部) 吉澤亨史 2007年09月07日 21時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは9月7日、総合セキュリティソフト「ノートン・インターネットセキュリティ 2008」(NIS 2008)とウイルス対策ソフト「ノートン・アンチウイルス 2008」(NAV 2008)を発表、ダウンロード販売を開始した。パッケージ版は9月21日から開始される。

 新版では、起動時間の短縮、使用メモリの削減、スキャンの高速化など性能の向上が図られている。起動時間では、これまで14〜25秒かかっていたが、10秒未満に短縮。2分15秒かかっていたスキャン時間も1分55秒に短縮している(数値はいずれも同社調査によるもの)。

ロゴ 新版にあわせてロゴも変更された

 米Symantecでシニアプロダクトマネージャーを務めるJosephine Gibney氏は、「インターネットでここ最近新しい脅威として“ドライブバイダウンロード”がある」と説明する。ドライブバイダウンロードは、ウェブサイトを閲覧しただけで“悪意のあるソフト”が、ユーザーの知らない間にダウンロードされるというものだ。

 ドライブバイダウンロードは、ブラウザの脆弱性を悪用した攻撃だ。2007年2月に開催された米国で最大のスポーツイベント「Super Bowl」の際に、開催場の「Dolphin Stadium」のウェブサイトがクラッキングされ、ドライブバイダウンロードが仕組まれたという。

 また、Gibney氏は、大規模なウェブ攻撃ができるツール「Mpack」にも触れ、「日本でもMpackが使われるようになっている」と説明した。Mpackは、海外のサイトで売買されていることから、世界的に広まっているとみられている。

 今回のNAV 2008とNIS 2008では、ドライブバイダウンロードやMpackなどの脆弱性を悪用した脅威、あるいは未知の脅威に対抗するために、「Browser Defender」と呼ばれるブラウザ保護機能を搭載している。

 また新版では、未知の脅威に対抗する機能の一つとして「SONARスマートファイアウォール」を搭載している(SONARはSymantec Online Network for Advanced Responseの略)。

 この機能は、従来のファイアウォールと同じ仕組みだが、未知のアプリケーションとの通信が発生するたびに、そのプログラムの振る舞いを分析して、自動的に脅威を検出・駆除するという働きをする。ユーザーに代わって、ソフトウェアがファイアウォールの設定を判断することができる。

 またNIS 2008には、ID情報盗難に対する機能を搭載している。Gibney氏の説明によれば、「ネットユーザーの14%が、不安からウェブサイトでの個人情報入力をやめており、22%がオンラインでの決済をやめている」という。こうした事態に対応する機能として搭載された「IDセーフ」は、パスワードなどのID情報を管理するものだ。この機能は、フィッシング機能と統合されているという。

 NAV 2008の販売価格は、標準パッケージが6195円、ダウンロード版が4935円からとなっており、NIS 2008は標準パッケージが8190円、ダウンロード版が6300円からとなる。両製品とも3台までのPCで使用できる。

 今後同社が予定しているNortonシリーズでは「Norton AntiBot」と「Norton SmartPhone Security」がある。AntiBotは、「これまで心配されていたが、今や深刻な問題となっている」(Gibney氏)ボットネット感染を防ぐものだ。

 もう一つのSmartPhone Securityは、スマートフォン専用のセキュリティソフトだ。このソフトは、ウイルス対策やファイアウォール、SMS向けスパム対策などの機能を搭載しており、Windows MobileとSymbianの2種に対応予定という。米国ではすでにベータ版が公開されており、今秋にも発売が予定されているが、「そのほかの国での発表時期は検討中の段階」(Gibney氏)という。

パッケージ写真 米Symantecは2007年で設立25周年となり、会見場にはノートンシリーズ全製品が展示されていた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化