編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Apache ServiceMixがインキュベータ卒業:Apacheのトップレベルプロジェクトへ

原井彰弘

2007-09-20 13:39

 9月19日、「Apache ServiceMix」の開発者の一人であるGuillaume Nodet氏は自身のブログ上で、The Apache Software Foundation(ASF)がApache ServiceMixのインキュベータからの卒業を承認したこと明らかにした。今後、Apache ServiceMixはトップレベルプロジェクトに昇格することになる。

 Apache ServiceMixは、SOA(Service Oriented Architecture)とEDA(Event Driven Architecture)の機能をあわせ持つオープンソースのESB(Enterprise Service Bus)。ベンダ独立でコンポーネントやサービスを統合する方式を定めたJBI(Java Business Integration)の仕様「JSR 208」を元にして作られており、Apache License, 2.0でリリースされている。

 なお、今回の承認を受けて、初の公式リリースとなるServiceMix 3.1.2と3.2のリリースが近々行われるということである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]