編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

エントラスト、オンライン取引での不正をリアルタイムに検出するソフト発売

吉澤亨史

2007-09-21 19:47

 エントラストジャパンは9月21日、リアルタイム不正検出ソリューション「Entrust TransactionGuard」を同日から発売したと発表した。

 Entrust TransactionGuardは、特に金融機関を中心としたオンライントランザクションサービスの提供企業に向けたもので、オンラインサービス上の不正取引をリアルタイムで検出・レポートするソフトウェア製品となっている。

 オンラインサービスにおける取引情報のリアルタイム監視、ユーザーの取引パターンに基づいた不正取引の判定、検出、レポートまで一連の不正検出に関わる機能を提供するソリューションであり、従来の不正検出ツールと異なり、通信パケットからデータを収集する方式により、既存のアプリケーションに対する変更が不要で迅速に導入・展開することができる。

 たとえば、オンラインバンキングにおいて通常と異なる地域やIPアドレスからのアクセスや、これまで取引のない口座への多額の送金、送金直前の個人情報の変更といったリスクの高い取引のパターンを検出するためのルールがあらかじめ組み込まれており、このルールとの照合によって不正を検出、フィッシング詐欺などで取得したID・パスワードで第三者が取引を行おうとした場合にも、未然に検出できる。

 またEntrust TransactionGuardは、認証強化プラットフォーム製品「Entrust IdentityGuard」との連携が可能となっており、Entrust TransactionGuardで検出されたリスクの高い取引に、よりセキュリティレベルの高い認証方式を組み合わせて提供する、「リスクベース認証ソリューション」を実現する。エントラストでは、大手金融機関をはじめとする、オンライントランザクションサービスを提供する企業の利用を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]