編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ゲーム関連ツールの30%がマルウェアに感染:G DATA調査

冨田秀継(編集部)

2007-09-28 16:38

 G DATA Softwareは9月28日、オンラインゲーム関連のウイルス調査の結果を発表した。関連するファイル、ツールの約30%がマルウェアに感染していたことを報告している。

 調査は独G DATA Softwareのウイルス研究所が実施した。人気の高いオンラインゲームのトップ20を選出し、それらに関連するファイル、ツール約1000件をダウンロード、安全性に関する調査を行った。

 調査の結果、これら1000ファイルのうち、約30%がバックドア、アドウェア、トロイの木馬、スパイウェアなどのマルウェアに感染していたという。ウイルス研究所のラルフ・ベンツミュラー所長は、「.exeファイルの50%、ZIPまたはRARの30%以上に、マルウェアが含まれていたのです」と、内訳を示してみせる。

 また、「大多数のオンラインゲーマーは、ゲームを支障なく楽しむために、ファイアウォールとウイルス対策ソフトをオフにするので、ウイルス侵入に理想的な環境となっています」とコメント。事実、マシンパフォーマンスの低下を考え、ゲームプレイ時はウイルスソフトのオートスキャン機能などをオフにするユーザーも少なくない。また、ソフトが発する各アラートが画面に表示されることを気にするユーザーも多い。

 特にアジア地域ではゲームアカウントを盗むマルウェアが多数報告されている。必要な対策をとった上でゲームを楽しみたいものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]