不正アクセス監視システム「Snort 2.8.0」リリース:IPv6対応を果たす

原井彰弘

2007-10-03 11:52

 10月2日、Snort Teamは不正アクセス監視システム(IDS)「Snort」の新バージョン「Snort 2.8.0」をリリースした。

 SnortはフリーのIDS。リアルタイムにIPネットワークのトラフィックを分析して不正なアクセスを検出し、ログに記録することができる。プラグインアーキテクチャで設計されていることに加え、不正アクセス判別用の独自言語も備えており、高い柔軟性を持っているのが特徴だ。

 Snort 2.8.0では、新たにIPv6がサポートされたほか、パケットのパフォーマンスを監視することも可能なった。また、プリプロセッサのイベントによってアクションを実行することができるようになった。

 そのほか、基本的な部分では検知能力やパフォーマンスも向上し、さまざまな機能が追加されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]