「Snort」開発元のソースファイアを買収--チェック・ポイントがIDSに進出

ニューズフロント

2005-10-07 19:48

 イスラエルに本拠を置くCheck Point Software Technologies(Check Point)は米国時間の10月6日、侵入検知/防御ソフトなどを提供する米Sourcefireを2億2500万ドルで買収すると発表した。Check Pointは、現金支払いとSourcefireのストックオプションプラン引き受けにより買収を実施する。

 Sourcefireは、オープンソースの侵入検知(IDS)ソフトウェアである「Snort」の開発者が設立した非公開企業。リアルタイムにネットワーク上の不審な挙動を収集し、分析するソフトウェア「Sourcefire RNA」などを提供している。メリーランド州コロンビアに本社を置き、英国リーディングに欧州本社を、ドイツと日本に拠点を持つ。

 買収の目的について、Check Pointは「自社のセキュリティ製品群をいっそう強化し、急速に成長している侵入防御などの分野に進出する機会を拡大するため」と説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]