編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

mountコマンドについて

OKWave

2007-10-04 16:00

mountコマンドについて

mountコマンドの-oオプション及びSAMBAの設定について教えてください。
マニュアルやネット上の関連ページを読みましたが恥ずかしながらまだ理解できていません。
残念ながら自由になるテスト環境もないためここに質問させて頂くことにしました。

以下のような環境を想定しています。
・hosta FreeBSD5.4 SAMBAサーバ(バージョンは最新とする)
・hostb FreeBSD5.4 クライアント(SAMBAはインストールしていない)

hostb側で以下のようなmountコマンドを実行したとします。


mount -t smbfs -o 
fmask=777,dmask=777,username=testuser,passwd=zaq12wsx,uid=1000,gid=1000 
//hosta/testuser /home/testuser/hosta

質問1
上記コマンドに対してhosta側はhosta側のどの部分のユーザ設定と検査照合するのでしょうか?
単にhosta側にtestuserが存在してログインパスワードがzaq12wsxであればマウントは成功しますか?
それともSAMBAで共有設定しているPATH自身及びその配下のユーザ設定が検査照合されるのでしょうか?

質問2
パスワードを入力せずにmount -t smbfsコマンドを成功させることはできますか?
必要となるhosta側での設定及びSAMBAのパラメータに関してヒントをください。

良回答

一般論としては、mountコマンドとリモートシステムのどのユーザ設定を照合するかは直接の関係は有りません。
それはmountの知らない事なので。
この例では、あくまでもmountはCIFSのプロトコルで hosta にアクセスするだけ(というか、smbfsというファイルシステムドライバに //hosta//testuserというパラメータを渡すだけがmountの仕事だとおもう)。
hostaが \testuser へのアクセスを要求されたときにどのファイルまたは設定を見に行くかは、hostaの問題です。hostaがWindowsサーバなのかsambaが動いているFreeBSDなのかをhostbは知らないわけですから。

この場合hostaではsambaが動いているので、smb.conf(今のsambaもこの設定ファイル名だとおもいます)ファイルの適用を受けると思いますが。どういう風にパスワードを確認するかはsmb.confでの設定次第。
hostaでtestuserに対応付けられているディレクトリがアクセス可能なら、マウントだけは出来るかな。たとえば /home/testuserが実体だったとして /homeの所有者と保護モードによってはマウントに失敗するはず。

以上は一般論です。

あとはsmbfsとsambaに詳しい人にお任せ。

回答

freebsdならmount_smbfsコマンドとかどうですか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウド基盤

    あまり知られていない“クラウド導入の現情”─業界人が本音で語る!

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ施策の鍵を握る制御システム(OT)とITの統合、そのポイントと対策を解説

  3. 運用管理

    ダッシュボードは時代遅れ、最新クラウド分析で誰にでもパーソナライズされたインサイトを提供する方法

  4. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  5. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]