編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Leopardのバグ修復、どうなってるの?(新着ブログより)

David Morgenstern

2007-10-23 16:05

 Appleが、米国時間10月26日金曜日に「Mac OS X 10.5 Leopard」を一般リリースする準備は整ったと、自信をのぞかせている。しかし、一般ユーザーより先に開発者が最終候補版「Golden Master(GM)」を調べる機会は設けられそうもなく、同版で問題点やバグが修正されているかどうか確かめようもないと、一部からは不満の声が上がっている。

 思えば「Tiger」(先代のMac OS Xメジャー改訂版)のときもそうだったが、GM最終候補の選考はApple社内でのみ行われ、広範な開発者コミュニティや独立系ソフトウェアベンダーが蚊帳の外に置かれている。

 こうした排他的な選考過程に、開発者らは懸念を抱いている。Appleのオンライン開発者サポートリストにも、非難囂々とまではいかないものの、不安を訴える声が寄せられた。

(全文はこちら--「アップルコア」)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]