編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Javaの父」サンのジェームズ・ゴスリング氏が取り組むJavaの未来 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、大久保崇子、國分真人

2007-11-01 16:00

 JavaFX Mobileは、Sunが2007年5月にJavaOneカンファレンスで発表したJavaFXと呼ばれる多面的取り組みの一要素だ。

 Gosling氏によると、「JavaFXはおそらく、Sunがこれまでに推進してきた中でも最大かつ最も複雑なソフトウェアエンジニアリングプロジェクトだろう」ということだ。ここでJavaFX構成要素の概要を簡単に説明しておこう。

JavaFX用語の概要

 よほどのJavaオタクでない限り、あるいは実際にオタクであっても、Sun関連の最新用語についていくのは容易ではない。たとえばJava SE。この用語は約10年前から使われており、その意味はおおむね把握されるようになった。数年前にバージョン番号の付け方をめぐる混乱があったものの、Sunは現行のバージョンをJava SE 6とすることで問題に決着をつけたようだ。それでは、ここから話を広げてみよう。

 まずは、「Consumer Java Runtime Environment(JRE)」から名称変更された「Java SE 6 Update N」。このソフトウェアの目的は、Javaを使ったウェブページを処理するためのウェブブラウザ向けプラグインを改善することによって、平均的なコンピュータユーザーにとってJava SEをさらに使いやすくすることだ。

 Update Nの機能をいくつか紹介しよう。Update Nでは、コンピュータの起動時にJavaをプリロードすることによって、Javaを使ったウェブページを表示する際に耐え難いほどの遅延が発生するのを防ぐことができる。また、動作を開始するために必要な最小限のカーネル(通常は4Mバイト未満)しか読み込まないため迅速なインストールが可能で、最大サイズの12Mバイトまで各種Javaソフトウェアを自身で更新する。さらに、「Windows」の「Direct3D」グラフィック機能も利用できる。グラフィック要素を駆使した最新式のユーザーインターフェースにより、OSが異なっても見た目を統一することができる。

 SunのJava SEクライアントアーキテクトであるChet Haase氏によると、Update Nは2007年12月にベータテスト段階に入り、その数カ月後に入手可能になる見込みだ。

 次に取り上げる「JavaFX Script」は、一般的に利用されているウェブブラウザスクリプト言語である「JavaScript」では作成するのが難しい、たとえば透明効果などの特殊なユーザーインターフェースアクション専用に開発された新しいスクリプト言語だ(ちなみにJavaScriptは、その名前に反してJavaを基盤としていない)。Gosling氏によると、JavaFX Scriptはエンジニアリングよりデザインタイプの用途に向いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]