編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Javaの父」サンのジェームズ・ゴスリング氏が取り組むJavaの未来

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:アークコミュニケーションズ、大久保崇子、國分真人

2007-11-01 16:00

 サンフランシスコ発--Sun Microsystemsの「Java」が盛んに利用されてきた分野の1つは携帯電話である。しかし同社は今、Javaのモバイルバージョンをいずれは置き換える方向で取り組みを進めている。

 技術発展に伴って小型デバイスの計算処理能力が強化されるにつれ、デスクトップコンピュータ用に設計された「Java Standard Edition(SE)」が徐々に「Java Micro Edition(ME)」の代わりに使われるようになるだろうと語るのは、「Javaの父」の異名を持つSunのバイスプレジデント、James Gosling氏である。

 Gosling氏は米国時間2007年10月17日に当地で開催されたJavaメディアイベントで次のように述べている。「当社は今、あらゆる製品をJava SE仕様に集約する方向で取り組んでいる。携帯電話とセットトップボックスが成長を続ける中、この集約には数年かかるだろう」

 この傾向の最たる例が、Sun自身が提供している「JavaFX Mobile」だ。これはSunがSavaJeの買収を通じて獲得し、携帯電話メーカー各社が採用することを期待しているソフトウェアである。JavaFX Mobileは、ネットワーク上で他のプログラムと連動するために使われるCommon Object Request Broker Architecture(CORBA)などのいくつかの機能を除き、Java SEのほぼすべての機能を完備している。

 SunのJavaに対する期待は、最近のトレンドと軌を一にしている。最も顕著な例はAppleの「iPhone」であり、構造的には大型の携帯電話というよりはむしろAppleコンピュータの小型版に近い。具体的には、たとえばデスクトップのインターネットエクスペリエンスを最大限に実現するために、Appleの標準ウェブブラウザ「Safari」が採用されている。

 これと同時進行するようにIntelでは、PC用「x86」プロセッサを携帯用機器に搭載する取り組みが、「Ubuntu Mobile」や「Mobile Firefox」などのオープンソースプロジェクトと共同で進められている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]