編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Secunia、シマンテック製品の脆弱性を警告

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2007-10-31 11:31

 Secuniaのアドバイザリによると、「Symantec Mail Security for Microsoft Exchange」のバージョン4.x、5.x、6.xに、パッチの用意されていないセキュリティ脆弱性が存在するという。同社では、その深刻度を(5段階評価の中で2番目に高い)「Highly Critical」と評価している。

 Secuniaは米国時間10月29日に発表したアドバイザリで、被害が企業に及ぶと、システムの遠隔操作や、サービス拒否(Denial of Service:DoS)攻撃を受ける可能性があると警告している。ここで悪用されるのは、 Symantec Mail Security for Microsoft Exchangeも存在するパーシング脆弱性で、サードパーティファイルビューアーを利用したときに悪用されるという。パッチはまだ用意されていない。

 アドバイザリSA27429では「Symantec Mail Security for Exchangeに複数の脆弱性が見つかった。悪用されると、脆弱なシステムに対しDoS攻撃を仕掛けることができる。原因は特定のサードパーティファイルビューアーに存在し、攻撃者はこれを悪用して、特別なファイルを作成し、これがチェックされた時にバッファオーバーフローを発生させることができる」と述べている。

 脆弱性が確認されたのは「Symantec Mail Security for Exchange version 5.0.7.373」だが、Secuniaでは、他のバージョンも脆弱性の影響を受ける可能性があるとしている。

 Secuniaは現在、これに適用できるパッチはないとしている。同社では、企業に対し、メッセージコンテンツのスキャンを有効にしている場合はこれを無効にするよう推奨している。

 本稿執筆時点でSymantecからコメントは得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]