編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

デル、ストレージ機器メーカーのイコールロジックを14億ドルで買収へ - (page 2)

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2007-11-06 13:16

 今回の買収はDellの2007年会計年度第4四半期または2008年第1四半期の初めに手続きが完了する見通しだ。

 Dellの株価は午前中の取引で1.53%下落して1株29.59ドルを付けた。

 しかし、もっと大きな打撃を受けたのはストレージ大手のEMCの株価であり、午前中の取引で4.24%下落して1株23.51ドルになった。EMCは四半期の売上高の約16%をDellとの取引から上げており、DellにEMCのSANシステムを小中規模企業に再販してもらっている。両社の関係は、EMCのClarion製品ラインの35%がDell経由で販売されるまで成長していると、Choi氏は述べている。

 Dellが2006年秋にストレージ事業に参入し、EqualLogicの買収でその存在感を強めていることを考えると、DellはEMC製品の販売から自社のストレージ製品の新しい顧客への販売に軸足を移すかも知れないとChoi氏は言う。

 EqualLogicにとって今回の買収はベンチャーキャピタルから出資を受けた企業の最大の現金での売却となると、EqualLogicの主要な出資者であるCharles River VenturesのジェネラルパートナーのChristopher Baldwin氏は述べる。

 しかしBaldwin氏は、比較的新しいこの市場で新興企業が次々に誕生して、同様規模の買収の熱狂的なブームが起こることは期待できないと述べている。

 「急いで買収の契約に署名しても18カ月後には似たような企業がたくさん出現しているに違いない。しかし、結局はブームに乗り遅れることになるだろう」とBaldwin氏は指摘する。

 EqualLogicのケースでは、Charles Riverが2001年に初期資金を提供しており、6年後、EqualLogicは11月6日に有望なIPO投資家に対して説明会を開催する準備をしていた。

 「Dellに売却する決断をしたのは相乗効果を期待してのことだ」とBaldwin氏は言う。「(競争相手として)Dellと徹底的に戦えば苦戦を強いられるだろう。Dellは猛烈な企業だから」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]